剣岳 源次郎尾根 (2009年 5月1日夜~5月4日)   
   
メンバー:S山、S形、I丸、H川(記)

今年は正月山行もなく、雪山は乗鞍の山スキーだけ。アイゼントレも2回だけしかしていなかった。歩きの方も
準備不足は否めないし、天候も連休後半の3日からはっきりしないので剣沢ベースとして、早月への継続は諦めた。
コースタイム
5月1日 21:20南茨木→2:00立山駅

5月2日 7:30立山駅発直行バスで室堂へ→9:10室堂発→雷鳥沢10:20、11:10休憩→11:50剣御前→
12:30剣沢 テン場設営

5月3日 3:00起床→5:15発→6:04長次郎谷入口→6:34源次郎尾根取付き→9:18一峰→10:00二峰懸垂→
11:00本峰→11:30本峰発→12:45一服剣→13:30剣山荘→14:15剣沢テン場
?
5月1日〜2日
休日高速料金一律1000円を利用して出発。立山駅駐車場で車中仮眠。5時半起き。
室堂へのケーブル始発は6時30分だがすごい人。臨時バスを出すというので乗り換えのないバスの列に並ぶ。
7時30分のバスに乗り爆睡。直行で良かった。室堂もすごい人。快晴の中、記念撮影を済ませて歩き出す。
寝不足もあり、雷鳥沢の登りが辛いのでゆっくり行く。2度の休憩で剣御前着。剣が姿を現し、源次郎尾根を
目で辿る。一峰への登りが急。その奥のスカイラインは八ツ峰。剣沢テン場作成に2時間もかかった。
スノーソーを持つパーティーの切出しブロックはきれいで頑丈そう。我々の塀は細くて不安定なので
雪で固めるのに時間が掛かってしまった。

5月3日
普通なら2時起き4時発というところだが、3時起き5時発とした。
夜も明けてヘッドランプも不要。すでに一峰を登る6人ほどのパーティーが見える。早い。
先行パーティーがいるので階段がついている。思わずラッキーという気持ち。
取付きと思われる沢に着いたが、左の尾根が続いているように見えなかったのでもう一つ下の沢かと
思い降りてしまう。結局長次郎まで出てしまい、間違い確定。登り返しに30分。
いざ登り開始。先行パーティーの踏み跡もあり、よくしまった急峻な沢を確実に登る。
稜に上がってからはさらに登りやすくなるが滑落は許されない。雪の状態も悪くなかったのでロープは出さずに
登った。スパッとしたナイフリッジも長くはないのでロープを出さずにバランスを取りながら渡っていく。
一峰に着いてしまうと少し一安心。二峰にもいつの間にか着いて懸垂点もすぐ。
懸垂点手前の5mほどのトラバースは雪が腐ってきたので念のためロープを出したが難なく通過。
懸垂点には直径2.5cmはあろうかという鎖が設置されていた。
残雪期は50mロープで懸垂可能。また、下部10mほどのところに支点があるので、もし届かなかったとしても
懸垂2回で降りることが出来る。懸垂が終了すればあとは本峰目指して登るだけ。1時間で頂上着。
昼近くから曇りだしたが展望は十分。 30分頂上でゆっくりして下山。
今回は装備を担いで登攀して早月尾根を降りる、というのは断念しましたが自分の体力を省みると
正解だったと思う。天候が安定して先行パーティーもあったので4時間半で抜けることが出来た。
今年も最後の最後に雪山に来ることができました。まだ登っていない尾根が一杯あるので少しずつ
登っていきたいと思います。