比良 安曇川水系 猪谷

 

2012815()

メンバー: S形、K川、U田、T村、O西、K永、H

行程:600千里中央→820横谷入口(駐車)→8:40横谷入渓遡行開始→9:45遡行??終了→10:10横谷入口→10:35猪谷林道→10:35入渓遡行開始→二股→本谷→稜線→地蔵峠→16:00横谷峠→横谷入口→17:30猪谷林道入口→帰阪

 

盆休みは湯檜曽の沢登りを計画していました。他の会員も北鎌などの計画でしたが、日本列島は大陸寒気と南の暖湿に挟まれて天候不安定となり、日本列島は谷川あたりから近畿にかけてどこに雨雲が発生しても不思議のない状況になってしまった。

室内壁で憂さ晴らしもしましたが、やはりどこかに行きたいということでU田さんの計画で盆休み最終日に比良の貫井谷についで悪沢といわれる猪谷に行くことにしました。

でも、やっぱり天気が悪く前日にも降雨があり、代替案として古い書籍ですが「関西周辺の谷」を参考に猪谷のすぐ北の横谷から蛇谷ケ峰というのも用意して、当日は横谷に入った。

 8:40横谷入渓。しばらく行くと堰堤に当たる。二つほど堰堤に当たったので右岸にそった廃道に上がり、沢沿いにどこまで続くのやらという堰堤の途切れる再入渓点を探した。廃道を行くこと30分も経たないうちに前方の山腹が間近に迫り、なんやらトンネルらしきものが。。「横谷トンネル」???

なんと、横谷は堰堤の連続で遡行する沢は消滅していました。

このままでは盆休みを終われない!あわてて車まで戻り、猪谷に歩いて向かった。10:35猪谷に再入渓。

ちょっと薄暗く圧迫感のある出だしですが、連続する小滝とゴルジュをどんどん直登していく。

   小滝とゴルジュの連続

 

 

 

 

 

薄暗いゴルジュを抜けていく

 

 

 

結構テクニカルです

 

 

6mほどの滝はロープを出してU田が突破。ぐらつく残置ハーケンなどで緊張。

4mの滝はK永が取付いてみるもののかなり悪い。T村が替わって突破したが私はA0で抜けさせてもらった。

6m滝をリードするU

バランスの悪い4mリードのT

 

 

       

ゴルジュを抜けても小滝が続き、修業をするようなシャワークライミングなんかもあって最初から最後まで気の抜けない沢だった。地蔵峠に向かって稜線に上がって終了。

もうすぐ終了

小滝に打たれながら

 

 

下山は横谷峠から朝見た横谷トンネル方面を目指して悪路を下降。これがまた悪いガレ場を降りなければならず、愚痴ることしきりでようやく降り立ったところは今朝引き返したところ。本日2度目の横谷下降で車に戻りました。

ちぐはぐ盆休みはこうして終了しましたが、猪谷は登りごたえのある沢で堪能しました。

帰りは天空温泉で仕上げ。


[HOME]
[山行記録一覧へ]